美容外科の利用によって得られる、様々な効果を知る

理想的な見た目になれる驚きの方法とは

部分痩せも可能

脂肪溶解注射(メソセラピー)の特徴

脂肪溶解注射(メソセラピー)は、薬品を体に注射して痩せることができる痩身治療の一種です。現在、多くの美容外科や皮膚科クリニックなどで行っています。 脂肪溶解注射の成分はタンパク質でできていて、脂肪細胞同士をくっつけて液体状にする働きがあります。脂肪に注射をすると三週間くらいかけて脂肪細胞が体外に尿となって排出されます。 脂肪溶解注射のメリットとしては、ウエストや二重あご、頬の肉など、部分ごとにケアができること、一回あたりの費用が数万円と安いこと、リバウンドがしないことが挙げられます。一方、一度に排出できる脂肪細胞の量に限りがあるため、体重が多めの人がやると痩せるまで長期間かかるのがデメリットです。

手軽にできる部分痩せ

脂肪溶解注射はダイエットの救世主といえます。メスを使わないので体力的な消耗が少なく、ダウンタイムもほんのわずかです。脂肪溶解注射は太っている人だけではなく、痩せている人でも利用できるのが魅力です。例えば体重は平均以下だけどお腹だけポッコリ出ている人や、二の腕が太い人、ほっぺたの肉が多めの人などです。脂肪が多めについている部位だけ狙って注射を打てば、その部分だけひっこめることができます。ほっぺたの肉を取る事でほうれい線も薄くなるので若返り効果もあります。 脂肪吸引手術などは医師の技量によっては失敗するリスクがありますが、脂肪溶解注射はそうしたリスクは低めです。あまり整形に乗り気じゃない人でも気軽にできる痩身治療です。

↑ PAGE TOP