保険が適用できる | 美容外科の利用によって得られる、様々な効果を知る

美容外科の利用によって得られる、様々な効果を知る

理想的な見た目になれる驚きの方法とは

保険が適用できる

保険適用条件が増えた乳房再建

乳がんの治療によって、乳房の形が変わってしまったり、失ってしまったものを取り戻すことができる方法が、乳房再建です。乳がん発生率は年々増加傾向にあり、早期発見のための検診を促す運動もさかんになっています。一昔前までは、高額費用がかかる乳房再建は保険適用条件が厳しく、経済的に負担がかかりすぎることで再建を希望する人はごくわずかな人だけでした。ところが近年、人工乳房での乳房再建が保険適用条件に加わったことで、乳房再建を希望する人が増加しています。まだすべての乳房再建に保険が適用されるわけではありませんが、近年の手術方法や乳房再建への展望の変化で、これから先も再建を望む女性は増えていくと考えられます。

再建について知っておきたいこと

乳房再建する時期や方法はひとつではありません。時期については、乳がんの手術をするのと同時に再建を開始する一期再建と、乳がんが完治した後に再建を行う二期再建とがあります。一期再建は、がん治療と同時にエクスパンダーという組織拡張器を挿入しておくことで、皮膚を反対側の乳房と同じ大きさになるまで延ばし、人工乳房などで再建できるので、手術後の再建計画を立てやすく、手術回数を減らすこともできます。また、手術後の喪失感を再建プランがあることで和らげることができると考えられており、このようなことが一期再建のメリットといえます。二期再建は、手術回数は増えますが、エクスパンダーによる合併症が少ないというメリットがあります。どちらにせよ、がんを切除する場所や傷口などで時期や方法が変わることがあるので、信頼できる医師と納得いくまで相談されることがおすすめです。

↑ PAGE TOP